風水による成績の上がる部屋 11の方法

成績を上げるためには、集中力が上がりやすくなるように部屋の配置を変えなければなりません。

汚くて乱雑な部屋では勉強に集中できないですよね?集中するには、机の配置やどこで勉強するかが重要になってきます。

そこで、勉強に集中しやすくなる方法を風水の視点で解説します。

学校の成績が伸び悩んでいる方、もしくは集中して勉強したいという方必見です。

  • 机の配置を変える
  • 学習部屋の机や家具の選び方
  • 部屋の配色や照明
  • 学習部屋に置くべきではないもの4選
    • 蛍光灯
    • ラジカセ
    • テレビ
    • スマートフォン
  • まとめ

机の配置を変える

1.机は入り口に向かい、壁を背にする。

書斎や学習部屋では、デスクが壁を背にして、入り口の方向に向かっていることが重要です。

壁を背にしていれば、気が集まり集中しやすくなります。また、漫画本さえ置かなければ本棚を背にするのもありです。

2.机の上に窓がないこと。

机の前に窓や鏡がある場合は気が逃げてしまい、集中しづらくなります。

風水では、机の前に窓があることを望空といいます。

3.入り口を背にしない。

入口を背にして座ると、無意識のうちに背後を恐れて身構えてしまいます。

そうなると、副賢機能を低下させ、ホルモンが分泌されにくくなり、心身の平常が乱れ不安感が強くなり、集中力のない人間になります。

この考え方は学習部屋や書斎に限らず、オフィスなどにも同じことが言えるでしょう。

4.ドアを開けて一直線の場所に、ベッドや机を置かない。

ドアを開けて一直線の場所は、常に気が動いていて集中できないからです。

5.部屋に入ってすぐに机が最初に目が飛び込んでくるように配置

このように配置すると、勉強することへの条件付けが潜在意識に取り込まれ、勉強がはかどりやすくなります。

逆に、部屋に入ってすぐベッドが見えてしまうと、寝ることが潜在意識に刷り込まれてしまい勉強がはかどりにくくなります。

下の図がサンプルです。

理想な勉強部屋の配置

また、机の配置については書斎にも適用できるので、ぜひ応用してみてください。

学習部屋の机や家具の選び方

机の材質や形も大事です。

机は、角の取れたもので材質は木製、色彩はナチュラルなものを選ぶを良いでしょう

学習部屋にある本棚やベッドといった家具も、同様に木製のものを選ぶとよいです。

金銭にかかわる仕事をしている方は、長方形の形の方が良い気を集めます。

部屋の配色や照明

1.部屋の配色は、脳を沈静化させるブルー系やグリーン系といった色を選ぶとよいです。

赤やオレンジといった刺激の強い色ですと、脳が落ち着かず集中できにくくなります。

2.ベッドの色は暖かい色、ベージュやピンク、茶色などが良いです

3.照明は、勉強中は周囲を暗くして机の前だけを明るくすると学習能力が高まります。

照明は暗すぎると眠気を誘いますが、明るすぎると集中力がなくなります。

学習部屋に置くべきではないもの4選

1.蛍光灯

蛍光灯は強い電磁波を放出しており、また蛍光灯の放つ紫外線は、体の状態、細胞を破壊していくため、あまり使わないほうがよいです。

そのため、机の備え付けの照明が蛍光灯ですと、距離が近いためもろに電磁波や紫外線をくらうため、思考能力と体力を奪ってしまいます。

机のライトはなるべくトゥルーライトにしましょう。

2.ラジカセ

ラジカセは強い電磁波を放出しており、そのため机やベッドの近くに置くと、脳の機能を低下させ、思考能力と潜在能力を奪います。

3.テレビ

子ども部屋にテレビを置くと、子供は室内に閉じこもることが多くなり、親子間の会話が減るようになり、家庭に問題が増えます。

思考能力の発達を阻害することになります。

4.スマートフォン

スマホがあると、ついつい見てしまい時間を消費してしまうからです。

だから勉強するときは、スマホができるだけ目に見えないところに置くようにしましょう。

机の上は、基本的に必要なもの以外置かないようにしましょう。

まとめ

机について、

  1. 机の配置は、入り口に向かい、壁を背にする。
  2. 机の前に窓や鏡が来ないようにする配置する。
  3. 入り口を背にしないこと。
  4. 机の材質は、ナチュラルなものを選ぶ。(机に限らず、学習部屋の家具は基本、ナチュラルなものを選ぶとよい)
  5. ドアを開けた一直線上に机やベッドを置かない。
  6. ドアを開けてすぐ机が見えるようにする。

部屋の配色・照明は、

  1. 刺激の強い色は避け、ブルー系やグリーン系といった落ち着いた色を選ぶ。
  2. ベッドの色は、ベージュ・ピンク・茶色などが良い。
  3. 勉強するときの部屋の照明は、周囲を暗くして机の前だけを明るくすると集中力が高まる。

そして、学習部屋には、

  1. ラジカセ・テレビ・蛍光灯などを置かない。スマートフォンは、勉強中目に見えるところにはおかないように工夫する。
  2. 部屋は基本的にきれいにし、机の上には必要なもの以外極力置かないようにする。

これらを実践するだけでも、だいぶ集中力が上がり、成績が伸びやすくなるでしょう。

成績が伸び悩んでいる人や、子供をお持ちの方に是非オススメします。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です