風水による土地選び 良い土地・悪い土地の選び方

風水では、家の中だけでなく周囲の状況を見てその家の良し悪しを見ます。

家の周囲に何があるかによって、家の運気に大きく関わります。

例えば、土地の形や高さ、玄関前の状況、家近くに流れる川の状態や山などがあります。

これがすべて整っているのがパワースポットの正体です。

パワースポットがなぜパワースポットと呼ばれるかというと、良い気が噴き出るところだからです

ちなみに、最強のパワースポットは伊勢神宮です。

朝誰もいないときに行くとよいでしょう。空気がものすごく澄んでいて心地の良い場所だと私の知り合いの風水師が語っていました。

私も機会があったらぜひ行きたいです。

さて、本題に入りましょう。まず紹介するのは、家の近くにあると運気を下げてしまうものを6つ紹介です。

なぜ、そんなものを紹介するのか。なぜならこれらを意識して避けるだけでも運気の良し悪しに大きく響いてくるからです。

  • 家の近くにあると、運気下げてしまうもの6選
    • お墓
    • 神社・寺
    • 病院
    • 高速道路
    • 養鶏場・養豚場といった臭うものや、ごみ処理場
    • 池、沼、湖、用水路といった水が溜まっている場所
  • これらが近くにあった場合の対処法
  • 風水的にもよい土地3選

家の近くにあると、運気を下げてしまうもの6選

1.墓地

風水では、自宅を陽宅、お墓を陰宅と分けます。

1km以内に墓地があったり、もしくは自宅が墓地の跡地だった場合、自身の家も陰宅扱いになるためよくないのです

ましてや、「死」を連想させるものを自宅の近くにあるのはよくありません。

「死」を連想することによって、気持ちが後ろ向きになったり、ネガティブ思考になりやすくなります。

同じような理由で、火葬場ガソリンスタンドが近くにあるのもよくありません。

ガソリンスタンドの化石燃料は動物の死骸が長い時間をかけてできたものなので墓地と同じ扱いになるのです。

近くにあると死気が家に入ってきます。また、ガソリンが爆発する可能性のあるのでよくないです。

2.神社・お寺

意外に思われるかもしれませんが、これらも近くにあるのはよくないのです。

寺は宗派にもよりますが、骨を収めている場所もあるのでよくありません。生気という言葉があるように、死者の骨は死気を発しているからです。

神社は、たくさんの人がお参りをし、厄を落として帰ります。その厄が夜に家に入ってきて運気を下げてしまいます。

3.病院

病人は「病気」と言う気を発しています。

病院は病人が集まる場所なので、家の近くに病院があるとその気は家の中に入り込んでしまいます。

医者の不養生、という言葉があるように、毎日毎日病人と接していくことにより、「病気」がうつってしまうのです。

また、救急車のサイレンは病気をイメージしてしまうのでよくありません。

サイレンの音は事故や病気や家事などマイナスの状況が起きたときに聞こえる音なので、脳が不快に感じ、無意識化に不安や危険が入ってきてしまいます。

消防署や警察署といった緊急の場が近くにあること自体、あまりよくありません。

4.高速道路

高速道路の騒音は脳に悪影響を及ぼします。

高速道路に限らず、騒音そのものは脳に良い影響を及ぼしません。

精神が不安定になり、犯罪を起こしやすくしたり、精神病の原因になるでしょう。

また、高速で動く車は「殺気」と放ちます。例えば、目の前で車が猛スピードで走ってたら恐怖しますよね。

その恐怖の感情が「殺気」です。

車が高速で走っているためと殺気を帯びてきます。波動が乱れ気が乱れます。

高速道路は高いところから殺気をばらまいているのです。

5.養鶏場・養豚場といった臭うものやごみ処理場

臭いは脳に一番の影響を与え、運気を左右します。

異臭は前葉等の働きを悪化させ、思考能力や学習能力を下げ、脳の状態を悪くします。

またごみは異臭を放つだけではなく、邪気や殺気も放出するのでごみ処理場が近くにあるだけでもよくありません。

6.池、沼、湖、用水路といった水が溜まっている場所

風水において、水は財でありきれいに循環させることが重要です。

ですが、水が流れていないと気がよどみ、邪気や殺気など陰の気が溜まりやすくなり、財運が無くなりやすくなります。

これらが近くにあると、邪気や陰の気が動き家に入ってきます。

また湿気は土地を冷やして健康障害になりやすくなります。

これらが家の近くにあった場合の対処法

一番手っ取り早いのは引っ越すことなのですが、そう簡単にはいかないですよね。

玄関に盛り塩を置いて、悪い気が入って来るのを防ぎましょう。

近くに臭うものがある場合は、リビングや玄関などでお香を焚いて空間の気を良い方向に変えましょう。

土地が与える影響を言うのは計り知れません。

例えば、良い土地で飲食店を始めれば繁盛します。ですが、悪い土地でお店を始めれば、どんなに味が良くても潰れます。

だったら風水的にもよい土地とはどういうところか、を解説していこうと思います。

風水的にもよい土地3選

  • 水はけのよいところは、住む場所にも商売をするにもうってつけの場所。水はけの悪い土地で商売しても人は集まりません。水はけがよい場所かどうかは、雨降った後水たまりが残っているかどうかで判断できます。また、水源の埋め立て地は地盤が緩いので避けるようにしてください。
  • 日当たりが良く、見晴らしが良いところ。見晴らしが悪いところだと、家の中に良い気が入って来ない。玄関から見た景色が良いと、人生そのものを活性化し、大自然や木のエネルギーを得やすくなります。
  • カーブの内側の土地。道路のカーブの外側は殺気が当たるためあまりよくないですが、逆にカーブの内側は運気が集まっているので良いです。

また、これとは別に先祖代々から続く家というのは基本的に風水的にもよい土地だったりします。

今回紹介するのはここまでですが、機会があればほかにも紹介しようと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です