風水ってインチキなのか?風水のセミナーに行き続けた感想を書く

風水って何か胡散臭いよね、と思っていないでしょうか?

かくいう私も、本場の風水を知るまでは何か胡散臭いものだなっと敬遠してしました。

ですが、東京で開かれていた風水のセミナーに興味本位で参加した結果、思いっきり横っ面はひっぱたかれたかのような衝撃の連続でした!

そして何より面白かったです。

風水と言えば、例えば西に黄色いもの置くと良いだとか、金色の財布だと金運が向上するだとか、こういうおまじない的なものを想像すると思うのですが、まったく違いました。

日本のいう風水は俗にいう「家相」のことを指し、間取りを重視する考えなのですが、本場の風水は間取りよりも、家周辺の環境や土地などを見る考え方でした。

また「鬼門」という考え方も、日本独自のものです。

結論だけ言いますと、風水はインチキではないと思います。

これは、風水のセミナーに足早に何回も通い続け、たどり続けた結果です。

どうして私がそのような結論に至ったのか、私が得た風水の知識とともに解説していきます。

  • 風水とは何か?
  • 風水の歴史
    • 風水を実践している国々
    • 風水を実践した人物たち
  • 風水関係者と関わり続けて思ったこと
  • まとめ

風水とは何か?

風水とは、運気をコントロールする技術で、運気とはエネルギーのことを指します。

人間には、先天運と後天運があります。

先天運は生まれ持った役割と宿命で、生まれてから変わることのないものです。

この先天運を生かすことにより、人は幸福な人生を歩むことができると言われています。

先天運を生かすためには後天運を調整して変えていかなければなりません。

後天運は、平たく言えば環境のことを指し、住んでいる土地や場所、土地の形や高低差、住んでいる土地の周辺の環境、山や川や水の配置などのことを指します。

そして、後天運を調整するための技術を風水と呼びます。

人間の精神は目に見えないものの影響を強く受けます。

「窓割れ理論」という言葉をご存じでしょうか?

窓ガラスを割れたままにしておくと、その建物は十分に管理されていないと思われ、ごみが捨てられ、やがて地域の環境が悪化し、凶悪な犯罪が多発するようになる、という犯罪理論。軽犯罪を取り締まることで、犯罪全般を抑止できるとする。米国の心理学者ジョージ=ケリングが提唱した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例 https://kotobank.jp/word/%E5%89%B2%E3%82%8C%E7%AA%93%E7%90%86%E8%AB%96-665951

このように、人間の住んでいる環境が精神に影響を及ぼします。

空気がよどんでいて騒音の激しいところと、空気がきれいで静かなところだと、健康や精神に与える影響は一目瞭然ですね。

良い精神が良い現実を創造する、これが本場の風水が提唱する幸福論です。

風水の歴史

風水の知識は、少なくとも6000年以上前から確認されており、古代中国人が作り出した環境に関係した知識でした。

どの場所が住居として適切か、どこなら厳しい天候から守ってくれるのか、どこなら危険な動物から身を守ることができるのか、水と食料を得るための便利の場所はどこか?などを知るため、山や川、水の配置、風景などを観察し続けて結果です。

そして、彼らは大自然を観察し続けることにより、観察の対象はやがて星、方位、時間の影響、現象に働く目に見えない力にまで広がっていき、最終的に人間の富と旺盛に強い影響を及ぼしていることを知りました。

中国の歴代国家の首都の多くは、風水をもとによって造営され、日本でも沖縄を始め、首都、京都、鎌倉、江戸なども風水によって造営されています。

それらの知識は一般には知られず、陰陽師などに受け継がれていきました。

そして、風水の歴史は方位磁石の発明により大きく変わっていき、やがて古代の概念や哲学をも含むようになったのです。

風水を実践している国々

風水は、今では様々な国や地域に普及していっており、韓国・台湾・シンガポール・東アジア全域・アメリカ・イギリス・ドイツなどにも知れ渡っています。

特に、シンガポールや中国、台湾だと国単位で風水を実践しており、シンガポールに至っては建築物のほとんどが風水によって建造され、台湾だと風水師を育成するための学校まであるほどです。

https://taiwanizm.com/2018/06/06/feng-shui/

↑こちらのサイトですと、台湾における風水の影響力について書かれています。

風水を実践している会社のトップの人間が、大きな取引をする際、日付を重視して選んでいますし、建物を建てる際にも気の良いところを選んで建てています。

また、風水を実践していくことにより精神が安定していきます。

そのかいあって、シンガポールは日本に次いで治安が良い国と言われていますね。

良い環境は良い精神を作り、良い精神が良い現実を作ります。

風水を実践した人物たち

徳川家康

かの家康公も、風水の実践者としてかなり有名です。

彼は江戸を都市整備する際、側近・南光坊天海の助言のもと風水をふんだんに取り入れられて作られたものです。

彼は風水の力が民衆に広まるのを恐れ、隠したのだとか。日本に本場の風水が広まらなかったのは彼の努力のたまものでしょう。

ドナルド・トランプ

かの有名なトランプ元大統領も風水の実践者です。

風水業界ではかなり有名な話なのですが、彼の専属の風水師は親子二代にわたって彼を支えています。

トランプタワーも風水をもとに作られました。

「風水を信じているわけではなく、儲けさせてくれるから」と周囲に語っていたそうです。

秦の始皇帝

彼も風水の信仰者で、風水を実践することによって、前人未到の中華統一を果たしたと言われています。

風水関係者と関わり続けて思ったこと

風水関係者と関わり続けて1年以上たちますが、いまだに驚きの連続ですね。

風水関係者の中には、企業のコンサルタントをして年収億越えの方もいました。

また多くのトップ企業のコンサルタントをなさっているだけあって、本来一部の人間しか知りえないような情報も持ち合わせています。

その話を聞くだけでも、十分聞く価値があるでしょう。

それと、風水って思いのほか儲かるんですね(笑)。

私が知っている風水の先生には、風水を実践し続けることによって年収が以前の5倍にまで増えた方もいらっしゃったし、自己破産寸前まで追い詰められてそこから年収億越えまで成長なされた方もいました。

いろいろな境遇の方と知り合えて、本当に面白いと思いましたね。

風水において、どのような人間と関わるのか非常に大事だと言われました。なぜなら、運気とは人が運んでくるものだから。

人生のターニングポイントはすべて人が関わり、どのような人と関わるかによって、人生の方向性が決まります。

自分の人生をよりよく生きるためにも、運気の高い人たちとの関わりが大切です。

確かに、歴史に出てくるような偉人たちも、誰かとの出会いをきっかけによって人生が変化しているような気がしますね。

まとめ

風水は、知れば知るほど本当に面白いものだと思っています。

特に、国際風水気学協会の代表理事・芳賀一郎氏の話を聞くだけでも十分な価値はあるのかな、と思いました。

様々な企業のコンサルタントと務めているだけでなく、ユーモアのある好人物なので安心できます。

この記事を読んでほんの少しでも興味の持った方は、一度でもいいのでセミナーに参加するのをオススメします。

また、このブログには風水で得た知識も発信しているので興味を持った方はぜひ読んでみてください。

風水における基本中の基本なのですが、これらを実践するだけでもだいぶ変わってきます。

風水初心者向け記事

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です